たいにーぷらねっと ぶろぐ

ITな毎日だけど、宇宙(ソラ)の事も忘れないで居たいのだ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.07.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2006.11.18 Saturday

消費者の気持ち@オーガニックカーボンヒーター

11月18日(土曜日) 東京は快晴。でも風が強い。今日も寒そうだね。

ここのところ、すっかり朝夕が寒くなってきて、エアコンの設置できなかったPCのある部屋で引きこもっていると手足が冷たくなって、しもやけになってしまいそうなので、暖房器具を買う決意。

今までは、エアコンやファンヒーターで生活してたんだけど、なんか、これらって風を起こすのでなんか乾燥しちゃいそうし、ホコリを舞い上げてしまうしねえ。
友人宅にハロゲンヒーターがあってそのオレンジの光やじんわり暖かいのを味わってしまったので去年あたりからかなり気になっていた。

ってことで、いきつけのヨドバシカメラへ。

いろんな種類があるんですよね。
最近は、ハロゲンヒーター以外に、カーボンヒーターってのも主流らしい。

で、買いました。


理由はいくつかあります。
値段、大きさ(持って帰るからコンパクト)などなど。

でも、正直言って、これらが理由なんだと思います。

オーガニックです。植物生まれです。
4カ国で特許出願らしいです。



新技術PCHです!(なんだろう、、PCH)
遠赤外線が2倍です!



似たような機能ので1000円安いのもあったんだけど、なんだか、こっちを買ってしまった。(ちなみに、買ったのは、5980円)

ということで、きっとこの外箱につられて買う人も多いんだろうな、、と実感した今日この頃でした。

恐るべし。

あ、でも、超コンパクトであちこちに移動するのが簡単だし、すぐに暖かいので気に入りました。はい。

2006.11.01 Wednesday

いざという時の為に @救急法講座受講

11月1日(水曜日) 東京は秋晴れ。

何がどうってことではないのだけど、
いくつか思うところがあって小児の救急法の講座を受講。

例えば身の回りに居る子供が突然倒れてしまった時、倒れているのを発見した時。

環境(そこに危険がないかなど)のチェック、
意識があるか、
呼吸があるか、
脈があるか、

そしてどうそれらをチェックしてどのように対応すればいいか。
頭の中では分かっているつもりでも、その子のために実際に私は動くことが出来るのか。
私の身の回りにいる大切な人たちの危機を少しでも回避できることが出来るのか。
そのあたりの再確認のためにも講習を受ける決意。


意識の無いと確認されたときの一時救命の基本はこんな感じ。
(もちろんこれは大まかに書くと、、ということです。ちゃんとした知識はちゃんと勉強してくださいませ。以下に書くことは自分用のメモとして。)

1. 「119番に通報をお願いします!」と誰かに依頼 
(自分以外に誰も居ない場合には、倒れたのが大人ならまず即行自分で通報。小児なら次のステップにて2分の処置を行ってから通報。
あと、119と言ってあげるのが良い。間違って110に通報する人もいるらしい。)

2.一時救命のABCの実行
Airway 気道確保(気道確保する。意識がないと舌などによって気道が塞がれるため)
Breathing 呼吸(呼吸の確認 → 人工呼吸)
Circulation 循環(脈の確認 → 心臓マッサージ)


もちろん、私たちが出来ることは限られるけど、
119番に通報してから救急車が来るまでの約7分間に、ただパニックになってしまうことなく、自分に出来ることを落ち着いて対処出来るようになりたいと。
ちなみに、平成12年頃は救急車の到着は通報から5分半。
現在は出動件数の増加などにより、約7分ほどかかるそうです。


久しぶりに心臓マッサージや人工呼吸の練習。
そういえば2000年に車の免許を取ったときもCPR(心肺蘇生法)の教習ありましたね。
※ CPRとは 、Cardio-Pulmonary Resuscitation の略語。心肺蘇生法

今回、私が受講した講座は、1セクション毎にビデオを見てからインストラクターの話を聞き、実技を行うというような実技がメイン。
だから1日かけてなんども「発見〜通報〜救命」の流れを体験させてもらえるので、少し身体が覚えた感じ。心臓マッサージの練習はきっと明日は筋肉痛になれる感じ。

1日の講義を終えて、インストラクターの方から修了カードを頂く。

受講キットに入っていたテキストなどは折を見て読み返そう。


最近はあちこちの公共機関などにAED(自動体外式除細動器)が置かれてるけど、実際にそれを使う勇気は私にもまだない。
でも、何もできずに野次馬のように周りでその人を見ているだけの自分では居たくないなあと思う。

インストラクターのMさん、1日ありがとうございました。

今回受講した講座 >> 
「小児メディック・ファーストエイド(R) 講習会」by ハッピーフォレスト
http://www.happy-forest.com/

▲top